忍者ブログ
舞夢草々活動日記
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
 今日は北ぴあのプラザで。大越さん、加藤さん、橋本さん、私で打ち合わせ。

時間に行くともう3人が来ていた。

昨日の演技ワークショップの感想、さくらSA*KASO祭りについて、狐ミュージカルの動きの話。

これは、私自身参加してないので、ただ聞いているだけ。

そして、A*SO*BOの体制、まず、何を目指すかなんだけど、私の希望は、子供と中高年層の演劇に

興味ある人とのコミュニーテイを持った演劇づくり。このところは皆同じみたいだけど、少し彼女等と

温度差があるみたい。大越さんは、子供は楽しめばいい。自分の教えてる曜日は、お買い物ゲーム

や、年齢差の子供達の仲間意識の雰囲気作りで、とても上手く言ってると自己評価。

私は、残念ながら自己評価に至るほどのものはない。きっと、舞台に今の子達が立っての結果。

ただ、大越さんから、私の言葉は、今の子供は理解できないといわれる。が、一般的に親子の日常

で、よくある言葉なのに、小学4,5年生がわからないと言うのが、私自身わからない。

今日加藤さんに、エチュード訓練の時、小学中学年以上でないと、この課題は難しいかな、

と思ったとき、私が幼児の子に、少し座ってみていてと言ったことはダメだそうで、分割してる事だ

そうだが、私には理解できない。幼児には幼児用のエチュードをさせている。勿論、大越さんの

希望で幼児のエチュードは皆にやらさせているが、しかし、おにいさん、お姉さんの課題は、

見ることによってで善いのではないか?作品のイメージのため、彼女の子と大越さんが進めた

低学年の子と、休憩時間に背丈を比べたことで、彼女の子が傷ついたらしい。背が低いのを

気にしてるので、そんな行動は、謹んで欲しいといわれ、今度やるプリンスキャットのキャットを

と構想していたが、考え直す必要があるのではないかと内心思った。稽古に入るときっと厳しい

ことも要求するような気がする。彼女の子が頑張れるか不安だ。だって、私が演出する

つもりだから。この温度差は、少し重要要素かも。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 bkpuhkpybs]
[05/07 buwqpewoky]
[02/25 take surveys for money]
[02/01 pt]
[01/10 nwwwhzlarh]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ダンキチ
HP:
性別:
非公開
職業:
ヨガ、バレエ教師
趣味:
演劇、台本創作
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター